冬の信州 戸隠でスノーシュー

patagoniaの今年の冬のカタログの中に、戸隠奥社参道の杉並木の写真が掲載されていた。戸隠は春や夏には何度も訪れているけど、雪の中は行ったことがなかった。なだらかな傾斜が続き、静謐な空気感が流れる参道付近は、確かにスノーシューハイクをしたら気持ちが良さそう。戸隠のガイドさんが経営するイタリアンレストランでMSRのスノーシューをレンタルして、体験してきた。

f:id:hynm_ikeda:20190209122026j:plain

戸隠神社 奥社への参道の杉並木。

 

f:id:hynm_ikeda:20190209132328j:plain

表面だけ凍結した川

f:id:hynm_ikeda:20190209112729j:plain

MSRのスノーシュー、La SportivaのPamir GTXは冬用ではないので足先が寒かった。Outdoor Researchのクロコゲイター

f:id:hynm_ikeda:20190209145357j:plain

歩いた後は、名物の戸隠蕎麦を頂けるのもこのエリアの良い所。いつも大行列の「うずら家」さんにも、冬は少しの待ち時間で入れた。

このハイクを終える頃から、どんどん雪が強くなり、新雪が積もって雪質のコンディション的にはより良い感じになっていた。しかし、普通のコースの少し脇を歩き、誰の足跡も付いていない雪原をグイグイ進めるのは、なかなか味わえない気持ち良さがあった。テレマークスキーを嗜むひとも見かけ、冬のアウトドアは夏とは違う注意や装備が必要だけれど、それだけに新鮮でハマってしまいそう。


 

※かなりのご無沙汰でしれっと投稿失礼しました。