プリミティヴなガラス

 

f:id:hynm_ikeda:20140611113649j:plain

前から好きな木工に引き続いて、最近はガラス製品が何故だか目に付きます。

もちろん夏に向かっているから、というのも理由でしょうが、それ以上の興味を感じています。

先だって沖縄に行った際、読谷村の-日月-HIZUKIで買い物したり(写真も日月のお皿の寄り、再生ガラス使用なので気泡が入る)、LAのCaleb Siemonの小皿を手に入れたりして、なんだかガラスを買いたくなるなー、と思っていると、Roots to Branchesのレジ上のランプシェードが日月製だったり、松本のクラフトフェアに行ったら、スタジオプレパさんのブース前で気になる物に出会ったりで、方々でかっこいいガラス製品に遭遇。

 

気になるガラス製品を俯瞰して見ると、どうやらヴォリュームのある、ある種、繊細過ぎないプリミティヴな趣のあるガラスに惹かれている模様。

陶器(土)、木工と並んでしばらくガラスと、あと石に注目します。

日月 hizuki

studio prepa

ROOTS to BRANCHES

http://www.agc.com/kingdom/glass_park/fushigi03.html/