Hiroshima -丹下からノグチ、コルビジェ-

 

 初めての広島。

 平和記念公園を見て帰らない訳にはいかない。運良くその日の仕事現場と近くて希望を果たせた。訪れた時は丁度黄昏時で、原爆ドーム(旧広島県物産陳列館)も原爆慰霊碑も、西陽を浴びてそのシルエットをより印象的に見せていた。

 

 碑の前に立つと、自然と祈りに導かれるというか、圧倒的な空気感で、鎮魂、原爆の被害に遭われた方々を想わずにはいられない。この街の意志と丹下健三設計の建築空間の力に気持ちを動かされる。

 

f:id:hynm_ikeda:20170830180413j:plain

慰霊碑の先に原爆ドームを望む
f:id:hynm_ikeda:20170830180613j:plain

日本で最初のメザニーン(中2階)を持ったと言われる平和記念資料館

f:id:hynm_ikeda:20170830180843j:plain

水と火がコンクリートに動き、変化を与える。

 

f:id:hynm_ikeda:20170830180929j:plain

毎年8月6日ともなれば、必ずニュースに映し出されるこの慰霊碑の設計に関して、様々なエピソードが伝えられている。

 広島で高校時代を過ごした丹下氏が、高校の図書館で読んだ建築雑誌に載っていて、建築家を志すきっかけとなった、ル・コルビジェによるソヴィエトパレス案のアーチに影響されているという話。

 

またイサム・ノグチ氏に慰霊碑モニュメントの制作を依頼し実際に素晴らしい案を出してもらったが、アメリカ人のデザインという事で受け入れられなかった、など。

 f:id:hynm_ikeda:20170911162209j:plain

PALAIS DE SOVIETS,1931<Les Editions d'architecture Zurich- Le Corbusier 1929-34>より

 

f:id:hynm_ikeda:20170911162326j:plain

<X-Knowledge HOME イサム・ノグチ生誕100年>より

 

最終的には丹下氏のデザインで今ある形に収まり、平和大通りから90度の方向に平和記念資料館、慰霊碑、慰霊碑のアーチの中心に原爆ドームを望むという魂を揺さぶる配置とデザインにより、戦後日本を象徴する名建築になった。

DISOBEDIENT BODIES by JW ANDERSON

 20世紀を代表する彫刻家、Barbara Hepworthを記念するイギリスのThe Hepworth Wakefieldという美術館で開催されている[Disobedient Bodies]展。キュレーションはJ.W.Anderson、LoeweのJonathan Anderson。Barbara Hepworthはもちろん、Henry MooreやIsamu Noguchi、Alberto Giacomettiなど初期モダン彫刻の巨匠たちの作品と、Monsieur DiorやYves Saint LaurentからYohji YamamotoIssey MiyakeHelmut Lang、Anderson自身の洋服などをDisobedient bodies (直訳すると、不従順な身体)として並列して、抽象化された身体のライン、ヴォリュームなどの表現を注視させる仕掛け。

 とても見に行きたいけど、そう上手くタイミングが巡ってくるとも思えないから、図録だけでも、と美術館のサイトから海外通販した。

http://www.hepworthwakefield.org/shop/

f:id:hynm_ikeda:20170415105116j:plain

美術館直販だと梱包もまた良い感じ。

f:id:hynm_ikeda:20170415105124j:plain

Jean Arp(1962)、Rebecca Warren(2005)の彫刻とDiorのドレス(1952)との見開き!

f:id:hynm_ikeda:20170415105328j:plain

Martin Margiela(1997) とBarbara Hepworth(1960-62)の彫刻

f:id:hynm_ikeda:20170415105315j:plain

Alberto Giacometti(1958-59) とJamie Hawkesworth ,Benjamin Brunoによるヴィジュアルの対比。刺さる・・。

f:id:hynm_ikeda:20170415105233j:plain

 図録の最後に載せられたAnderson氏のインタビューコメントに「自分の中でファッションはキャリアやビジネスであり、アートはもっと私的な情熱だったりクリエイティヴリーに動かしてくれるものだったけど、このキュレーションを機にその視点を考え直す事が出来た。」と話していたのが、とてもとても印象に残った。

 アートディレクションはOK-RMというロンドンのデザインチーム。「彼らのお陰でこの本自体が第2の展示空間になった」とAnderson氏が語っていたけど、構成や紙のチョイスからも、展示の立体感を想像出来得る、秀逸な図録だと思う。

物議を醸すECKHAUS LATTAのキャンペーン

去年、なんとなく気になってカットソーを1枚、ちょっと気に入ってシャツ、Tシャツと買い足したNYのブランドECKHAUS LATTA(エクハウス ラッタとかエコーズ ラッタと読まれてる)。僕が買ったのはどれもデッドストックの生地を使った物で、独特な適当さを残したような縫製にも関わらずシャツは4万円台だったりで、なかなか高級な価格帯。それでも買ってみたいと思わせるチカラが何となく合ったような気がする。

f:id:hynm_ikeda:20170405143003j:plain

インスタもチェックしていたけど、最近公開されたキャンペーンヴィジュアルが一見おしゃれなエロ系かと思いきや、ダイレクトに卑猥な感じで、結構、度肝を抜かれたし、色々考えさせられもする。昨今のジェンダーレスと言われる、男女の性差の垣根がなくなってきている風潮の中、ダイレクトに男と女、または同性同士が性欲全開な姿を、ファッションブランドのキャンペーンにするとは如何に、というような。でも、というか登場しているカップルは実際に恋人同士の方々のようで、デザイナー曰く、その行為と姿は、素直に美しい、というような意味合いも含むようです。

 

僕がここの服を買ったのは渋谷のRadd Loungeで、去年まではそこにしか置いてなかったらしいけど、今年はアデライデやk3でも少し取り扱いがあるみたいです。本国アメリカではLAに直営店、オープニングセレモニー、DOVER STREET MARKET NEW YORKなど。いずれにせよ、注目していきたいブランドです。

 

*混雑した電車内では閲覧注意です。

www.dazeddigital.com

*追伸

@works_by_naoki.ikeda

というインスタアカウント立ち上げました。よろしければ見てください。

引き続きスタイリストアシスタントも募集してます。

人の家ー住宅名建築ー2 Philip Johnson Glass House

 

一つ前のこのブログに書いたNY,メキシコ旅で見てきた「人の家」。だいぶ間が空いてしまったけど、続きです。

 今年もよろしくお願いします。

 

NYCのグランドセントラルステーションからメトロノースに乗車して1時間程のコネティカット州ニューケイナンにある建築家Philip Johnsonの自邸、グラスハウス。

"Less is More"で知られるミース ファン デル ローエに憧れていたジョンソンが、シカゴ郊外にあるミース設計によるファーンズワース邸完成の1年前、1949年に出来た(ミースの構想をジョンソンが先に形にしたという噂)近代住宅建築のマスターピースの一つと言われる住宅。

この旅の前にNYに行く際、マンハッタン52stにあるミースとフィリップジョンソン共同設計によるSeagramビルディング内のフォーシーズンズレストランに行ってみたい、と調べたら、こちらの住宅建築が見学可能な情報を得て、今回、見学予約を取って念願を叶えたという訳。

グラスハウスは、コネティカットの雄大な自然と広大な敷地(5万7540坪)の中に点在する大小10もの建築物で構成される一つの世界観を具現化したような場所。

f:id:hynm_ikeda:20161025044648j:plainゲートをくぐり、グラスハウスの方に向かうと現れる大きなコンクリートの輪は交流の深かったDonald Juddの作品。f:id:hynm_ikeda:20161025052621j:plain敷地の中を歩くこと数分、ようやく、といった所で本丸グラスハウスに到着。アクセスの為の砂利道は、人が歩く音でその存在を知らせる機能にもなっている。

 

f:id:hynm_ikeda:20161025051506j:plain

奥に見える「レンガの家」がミニマルなグラスハウスのボイラーや循環ポンプなど諸機能を支えている。

 

f:id:hynm_ikeda:20161025050537j:plain「私はたいへんリッチな壁紙を持っている」とジョンソンが語ったというニューケイナンの雄大な景色を望む西向きの壁面。訪れた10月下旬は紅葉の時期で格別美しかった。

f:id:hynm_ikeda:20161025050506j:plain家具はジョンソンが敬愛したミースファンデルローエがデザインしたKnoll社で統一されている。竣工以来、この家具の配置は一度も変更されたことがなく、その配置を俯瞰で見れば、カンディンスキーの抽象画を思わせる。

f:id:hynm_ikeda:20161025054731j:plainアートコレクターでもあったジョンソンのコレクションを纏めるための一つの館”Painting Gallery" ここはFrank Stellaの彫刻がまるで巨大なスクラップブックのように回転させて眺めることが出来るという常人では考えられない程贅沢な場所。f:id:hynm_ikeda:20161025052707j:plain僕が訪れた時期はちょうど草間彌生氏のインスタレーションが敷地を使って展開されていた。夕日が当たる時間帯で、幻想的な風景を更に盛り立てていた。

たまたま前日に仕事でここを訪れていたというアートディーラーをする友人の語ったこの家を形容するのに言い得ているなぁ、と思った言葉

"Functional Surrealism"

 

家、というより、機能する芸術、それもシュルレリスムや抽象アートを体感する場としての作品、といえそうだ。

人の家ー住宅名建築ー

 先だって、想い立って予てから見たいと思っていた、メキシコはメキシコシティにあるルイス バラガン ハウスを見に行って来た。バラガンは20世紀を代表する建築家の一人で、ル コルビジェを始めとするモダニズムの手法と、メキシコの土地柄、伝統に根差したスタイルを確立した、オスカー ニーマイヤーと並んでラテンアメリカで最も重要な建築家と言えるだろう。

 せっかく太平洋を渡るのなら、NYのギャラリーBLUM&POEで開催されていたAlma Allenの展示も見たい!と思い、やや強引に経由。わざわざNYに行くのなら、グランドセントラル駅から1時間程のコネティカット州ニューケイナンのフィリップ ジョンソンのグラスハウス、なかなか見学予約の取れないSOHOのDONALD JUDDアパートメントも見たい!とこの際とばかりにTo Doリストに追加。NY3泊、メキシコシティ4泊の濃密一人旅を敢行/!。

 

メキシコシティではバラガンハウスと、広大な敷地、ダイナミックな空間の取り方が特徴的なプリエトロペス邸を見学。今回は有名なバラガンハウスの写真を投稿します。ご存知の方は、もう知ってるよって感じの写真かも知れませんが、はるばる赴いて、500ペソ(約¥3000位。見学ツアーの参加費よりも高い)も追加で支払って撮影権利を手に入れたので、是非見て頂きたいところです。

 

アイコニックな階段室と呼ばれるシンボル的空間。1階左手に玄関、右に行くと朝食室や建築のためのスタジオ。2階左手は書斎など、右に行くと寝室や屋上へ向かう階段など。非常に入り組んでいて、写真撮影に夢中になってツアーに遅れを取ると迷子になりそうになる。

f:id:hynm_ikeda:20161201115627j:plain

 

バウハウスのマイスター、ヨゼフアルバースの作品が飾られたリビングルーム。ここに掛けられた絵はバラガンが複製を自分で作ったもので、後年アルバースにも認可されたそうだが、世界遺産に指定されている名建築の有名な絵画作品が、設計者でオーナーでプリツカー受賞者によるコピーというのは、なんだか面白い。

f:id:hynm_ikeda:20161201115635j:plain

f:id:hynm_ikeda:20161201115705j:plain

 

1階ダイニングルームの窓辺。野趣溢れる庭もバラガンが拘って自然の複雑さを再現している。メキシコで、ちょっとしたところで出されるグラス類はほぼ色付きのガラス製だった。

f:id:hynm_ikeda:20161201115647j:plain

周辺の環境から建築を一旦断絶させるため、外壁は高い。奥深い庭から続く植栽と鮮やかなピンクの外壁は、正直溜息もの。

f:id:hynm_ikeda:20161201115712j:plain

 つづく

CARRY ON TRADITION

久々のエントリー ご無沙汰しております。

 

ネペンテスのサイト内 Remixにてアーティスト のRyuichi Ogino主宰のLosing Theoryというアートプロジェクト協力の元、フォトグラファー松本直也氏と組んで制作した、ちょっとユニークな作品が出来上がりました。

 

f:id:hynm_ikeda:20161201125510p:plain

http://www.nepenthes.co.jp/remix/CARRY_ON_TRADITION/r39.html

Losing Theoryはカラフルでポップな配色、原始的とも言える形状、高円寺でのゲリラ的な展示などで我々の目や感覚を刺激してくれる作品、活動を展開するプロジェクト。

 

写真はその高円寺での実際の展示(現在は終了)とOgino氏が室内装飾を手掛けた高円寺のホテルの一室。3月にフイナムでRenomaのジャケットをフィーチャーした時に撮影背景として場所を使わせてもらったのも、今回の撮影に繋がっています。いろいろな縁で実現したCARRY ON TRADITION.是非ご覧頂きたいです。

f:id:hynm_ikeda:20161119125023j:image

f:id:hynm_ikeda:20161119125123j:image

 

 

 

http://www.nepenthes.co.jp/

 

 

http://www.nepenthes.co.jp/remix/CARRY_ON_TRADITION/r39.html